片山正彦法律事務所は、愛知県日進市にある法律(弁護士)事務所です。

交通事故

損害

交通事故により生じる損害には、人身損害(治療費、休業損害、逸失利益、慰謝料など)と物的損害(車両修理費、代車料など)があります。損害賠償請求をするときには、それらの項目ごとに損害を算出します。
人身損害について、加害者側(損害保険会社等)が算定するのに用いる基準には、いわゆる「自賠責基準」「任意基準」「裁判基準」があります。自賠責基準は、強制保険である自賠責保険の保険金額を基準とするものです。
任意基準は、損害保険会社等が自ら定めた基準であり、一般に、自賠責基準よりは高額に、裁判基準よりは低額に設定されています。
裁判基準は、実際の裁判例の集積により見いだされた基準です。
加害者側(損害保険会社等)が被害者に対して示談交渉において最初に提示してくる案は、大抵が自賠責基準です。
ここで、被害者が、紛争を長引かせたくない等の理由により、その案で構わないというのであれば、示談成立です。早く決着させて気分一新させるのも一つの考え方だと思います。
その案で納得しないのであれば、交渉を継続するか、裁判所又は裁判外紛争解決手続を利用した解決へと進みます。

交通事故に遭われた方へ

人身損害であれば

  • 治療費は加害者側が立て替えてくれるのか
  • 加害者側が治療費の立替を打ち切ると伝えてきたがどうしたらよいのか、いつまで治療を続けるべき(続けてよい)のか
  • 後遺障害等級の認定を受けたが自分の症状に見合っているのか
  • 加害者側が提示してきた示談案は自分の損害に見合っているのか

物的損害であれば

  • 代車が必要だがどうしたらよいのか
  • 加害者側から部品は交換ではなく板金修理が妥当といわれたが本当か
  • 購入して間もない新車だったのだがその分の損害(格落損)はみてもらえるのか
  • 修理の内容について加害者側と食い違いがあるのだがその間代車に乗っていても構わないか

また

  • 加害者側が無保険なのだがどうしたらよいのか

など、事故発生から解決までに、様々な疑問が出てくるのではないでしょうか。

弁護士が、段階に応じた適切な助言や事件処理をします。

お問合せ・法律相談のご予約は TEL 0561-78-3465

PAGETOP
Copyright © 片山正彦法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.