名古屋市名東区に「カルナータカー」という南インド家庭料理のお店があります。
初めてうかがったときに、衝撃を受けました。
「カレー」は、よくお目にかかるインド料理店のものとは異なりさらさらした感じで、「家庭料理」だからか、いつも食卓に登場する味噌汁などに通じる趣がありました。

何とか自分でも作ってみたいと思い、(南)インド料理の本を買い、スパイスなどを販売している店を探して食材を集めました。
昨年の5月に最初に作ってみたのが、写真のサンバルです(サンバルは、まさに南インドにおける味噌汁のような存在らしいです)。
お店で出てくるような質が高く安定したものにはほど遠かったですが、昔から自分で作った料理に対して採点が甘い私には、とても美味しく感じられました。

スパイスのおかげなのか詳しいことはわかりませんが、血の流れがよくなったようで、食後に身体がすっきりしたと感じたことを覚えています。